北勢地方卸売市場は私たちの食生活に欠くことのできない青果物、水産物を、地元をはじめ全国各地から集荷し、適正な価格で安定供給するために、昭和54年に民間卸売市場を統合して、卸売市場法に基づいて開設されました。
生鮮食料品は一般の商品とは異なり、長期保存が困難でありそのうえ生産が天候に左右されやすいなどの理由で供給量が大きく変動し、価格の動きも激しくなる性質があります。
このため、生産者には安定した販路の確保、小売商には安定した仕入の場を提供することにより消費者の食生活の安定に寄与することを目的としています。

更新情報

1126()に開催した「いちばの朝市」にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今年も12,000人を超える多数のお客様にご来場いただきました!!

これからも地域で愛される北勢地方卸売市場をモットーに、関係者一同頑張ってまいりますので、ご支援よろしくお願い申し上げます。

また、当日のダイジェスト映像が完成しましたので是非ご覧くださいませ。

来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。