北勢地方卸売市場は私たちの食生活に欠くことのできない青果物、水産物を、地元をはじめ全国各地から集荷し、適正な価格で安定供給するために、昭和54年に民間卸売市場を統合して、卸売市場法に基づいて開設されました。
生鮮食料品は一般の商品とは異なり、長期保存が困難でありそのうえ生産が天候に左右されやすいなどの理由で供給量が大きく変動し、価格の動きも激しくなる性質があります。
このため、生産者には安定した販路の確保、小売商には安定した仕入の場を提供することにより消費者の食生活の安定に寄与することを目的としています。

更新情報

<令和2年度いちばの朝市>開催中止のお知らせ

令和2年12月に開催を予定しておりました「令和2年度いちばの朝市」は、新型コロナウイルスの国内での感染拡大の現状を受け、開催を中止いたします。
当市場といたしましても、開催に向けて対策準備を進めておりましたが、食を扱う施設としての「食の安全・安心」を最優先とし、またご来場者及びスタッフの安全確保が難しい状況であり、やむなく中止の判断に至りました。
開催を楽しみにされておられました皆様にはお詫び申し上げます。


<ご来場の皆様へ>

新型コロナウイルスの感染が全国的な拡大を見せる中、当市場としましても感染防止に万全の態勢で臨みたいと考えます。市場における感染防止策へのご協力を宜しくお願い致します。

※お願い事項
1.発熱等の症状がある場合は、市場への入場は禁止とします。
2.市場入場時は「マスク着用を義務化」とします。
3.検温、手洗い、アルコール消毒、咳エチケット等感染予防の徹底。


<市場見学について>

本市場の機能維持及び衛生管理の観点から、当面の間、市場見学を中止いたします。
また、見学予約の受付も当分の間、停止とさせていただきます。皆様には大変ご迷惑とご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、見学再開につきましては、日程が決まり次第、本ホームページでお知らせいたします。